寿司屋で和牛!伝統の中にも世界にあわせた変化球。

海外のお寿司屋さんに日本から届いた食材を見ていたら、わ、わ、和牛。
国産の黒毛和牛が魚と一緒に空輸されていました。

こちら、お任せコースで出す一皿に使うとの事。

日本でも飲食店のインバウンド対策の調査をしていると、台湾や香港など和牛が大好きなアジアの人って多いんですよね。
もちろん日本人も大好き。
お客様からのリクエストもあり一皿に取り入れているようです。

最近では日本の高級寿司屋でも同様に和牛を使った一皿や、握りなど見ることも珍しくありません。

で、こちらの和牛はウニをのせて軽く目の前でスモークされて・・・。

この飾りの梅も日本からとの事。
手が込んでいる。。。

日本の伝統的なスタイルは守りつつも、チャレンジをしていきたい。
でも、フュージョン系の違ったほうにはいきたくはないと言っていた店主の気持ちが何となくわかる気がします。

どこの国にいても、お客さんを喜ばせたいという気持ちは職人の皆さん、同じですね。

まずは寿司エージェントにご相談下さい!

無料で転職相談