海外での成功の秘訣は、語学力よりコミュニケーション力

こんにちは。寿司エージェントの岡崎です。

少し前のことになりますが、勉強を兼ねて、マレーシアの名店「織部」さんでお寿司をいただいてきました。

ここは本当ににマレーシア?というくらい、洗練されたお料理の数々。
それはもう、まるでアートを堪能しているような、めくるめく時間でした。

お料理については私のような素人が語るより、ぜひ現地で、ご自身の目と舌で味わっていただければ幸いです。

お料理の素晴らしさ以上に、転職コンサルタントである私が注目したのは料理長の川崎さんのコミュニケーション力です。

カウンターではひっきりなしにお客様に話しかけられる川崎さん。
彼は決してネイティブのように英語が流暢なわけではありません。
それでも、彼は実に楽しそうに、サービス精神旺盛に、その食材の名前や意味や料理について語り続けていました。
川崎さんが存在を含めたその空間こそが、お客様にとってはエンターテインメントなのです。

海外の方にとっては、お寿司の歴史、その食材を使う意味、美しく繊細な和食のコンセプトのすべてが興味深く、川崎さんとの会話はお客様にとって料理以上の価値があることを実感する光景でした。

川崎さんも、マレーシアに来るまで英語はほとんどできなかったと言います。
それでも、お寿司の素晴らしさを世界の人に伝えたいという熱い想いがあれば、このような素敵なコミュニケーションが可能になるのです。

和食職人という最も日本的な職業が、実は世界の人たちをこんなに感動させる発信力を持つことができるなんて本当に素晴らしいことだと思いませんか。
私はもっと多くの日本の職人さんに、思い切って海外に出てみて欲しいと思います。

そこには、あなたの持つ技術と、そしてあなたが大事にしてきた日本の文化を心から賞賛してくれる人が、あなたが想像しているよりもずっとたくさんいます!

まずは寿司エージェントにご相談下さい!

無料で転職相談