東南アジアの気候

こんにちは。和食エージェントの佐野です。

東京もかなり肌寒くなって来ました。
普段は東南アジアに住んでいるので、冬を過ごすのは5年振りになります。

東南アジアは基本的に一年中、気温が変わらず、毎日が夏です。
毎日、30℃ 前後になりますが、日本の夏に比べると嫌な暑さでは無い印象があります。
東京のオフィス街のムワッとした暑さでは無く、カラッとした暑さになります。
しかも毎日、10分〜30分ほどのスコールが降るので、降った後は一気に涼しくなります。

日本人の中には四季が無いと嫌だとか一年が早く感じる。。などの声をお聞きする事があります。
ですが、私の個人的な意見を言わせていただけると四季が無い生活は最高です。
『服代が掛からない』
『気温の変化が無いので体調を崩しにくい』
『喘息が出ない』
『光熱費が月によって変わらない』
『花粉が飛んでない』
など、人それぞれのメリットがあると思います。

現地の日本料理店に行けば季節の食材を日本から空輸して仕入れているので、旬の物も食べられるし、冬を味わいたかったら、寒い時期を狙って日本に一時帰国すれば十分だと思います。

寒いのが苦手な方や季節の変わり目に体調を崩しやすい方は東南アジアでの生活も考えて見てはいかがでしょうか?

まずは寿司エージェントにご相談下さい!

無料で転職相談